821系-img

821系

JR九州が老朽化した415系電車の置き換えを目的として開発した。811系1500番台に続き、最新技術のフルSiC-MOSFETを採用した主回路システムの搭載により、電力消費量を415系電車比較で約70パーセント低減。主変換装置(CI)や静止型インバータ(SIV)の冗長性(信頼性)により安全、安定輸送を確保する。 特徴として、車イスやベビーカーのためのスペースを1編成あたり2箇所設置。一人あたりの腰掛け座席幅を拡大するとともに、出入り口に足元のホームを照らす照明を設置。室内にダウンライトタイプのLED照明を設置、スマートドアの採用、4ヶ国対応の案内表示器を設置、台車個別制御ブレーキシステムを採用、車両・地上設備の状態を把握する状態監視システムを採用、空調装置やブレーキ装置等の機器共通化によるコストの低減を図った。引用 - Wikipedia
戻る

南福岡車両区821系編成表

u001

u001 18.02.20

u002

u002 18.02.20

戻る
freepikcom-logo


Top