813系-img
813系福北ゆたか線仕様100番台-img"

813系

421系・423系や715系など、国鉄から承継した近郊形電車の取替えを目的として1994年(平成6年)3月から製造されている。九州北部向けの近郊形車両として811系に代わって増備され、811系と併用することを前提としているが、JR九州としては初のVVVFインバータ制御(東芝製GTOサイリスタ素子)が採用されたほか、車両デザインを水戸岡鋭治率いるドーンデザイン研究所が手掛けたため、外観・車内・搭載機器ともに811系から大幅な変更がなされた。水戸岡が近郊型電車のデザインを手掛けたのは本形式が初となる。また、長期にわたって製造されていることから、製造年によって細部が異なっている。登場当初は、811系が4両固定編成であったため編成の自在度を上げることを目的として2両編成であったが、1995年から3両編成が加わり、しばらくこの二種の編成が混在していたが、2003年(平成15年)までに2両編成に中間車を組み込み、全編成が3両編成に統一された。811系、815系、817系との相互連結も可能なため柔軟な運用が組めるのが特徴で、長編成での運転が多い鹿児島本線や日豊本線では811系、817系3000番台と、一時的に長編成が必要な福北ゆたか線(筑豊本線・篠栗線)、長崎本線では817系とそれぞれ併結運転されることも多い。引用 - Wikipedia
戻る

南福岡車両区813系編成表

r001

r001

r002

r002

r003

r003

r004

r004

r005

r005

r006

r006

r007

r007

r008

r008

r009

r009

r010

r010

r011

r011

r012

r012

r013

r013

r101

r101

r102

r102

r103

r103

r104

r104

r105

r105

r106

r106

r107

r107

r108

r108

r109

r109

r110

r110

r111

r111

r112

r112

r113

r113

r201

r201

r202

r202

r203

r203

r204

r204

r205

r205

r206

r206

r207

r207

r208

r208

r209

r209

r210

r210

r211

r211

r212

r212

r213

r213

r214

r214

r215

r215

r216

r216

r217

r217

r218

r218

r219

r219

r220

r220

r221

r221

r222

r222

r223

r223

r224

r224

r225

r225

r226

r226

r227

r227

r229

r229

r230

r230

r231

r231

r232

r232

r233

r233

r234

r234

r235

r235

r236

r236

r301

r301

r302

r302

r303

r303

r1001

r1001

r1101

r1101

r1102

r1102

r1103

r1103

r1104

r1104

r1105

r1105

r1106

r1106

r1107

r1107

r1108

r1108

r1109

r1109

r1110

r1110

r1111

r1111

r1112

r1112

r1113

r1113

r1114

r1114

r1115

r1115

直方車両センター813系編成表

r014

r014

r015

r015

r016

r016

r017

r017

r018

r018

r019

r019

r228

r228

r1002

r1002

r1003

r1003

戻る
freepikcom-logo


Top