783系-img
783系ハウステンボス号-img"

783系 

本系列の開発当時、九州地方では都市が点在している都合、高速道路網の急速な整備が進行していた。こうした背景から競合他交通機関(自家用車や高速バスなど)は発達しており、本来ならば十分に競争力を持つ特急車両が必要であった。しかしながら従来使用されていた485系電車は陳腐化が激しく、また今後の速度向上も望めないことから見劣りは否めなかった。そこで新しい設計思想を取り入れた車両が迅速に必要となり、開発されたのが本系列である。JR九州としては初の新造特急形電車であるが、車両自体の開発計画は日本国有鉄道(国鉄)時代末期の1986年(昭和61年)夏にまで遡ることができる。設計には国鉄末期に開発された新しい技術を多く取り入れている。485系電車と比べると居住性は大幅に改善され、また130km/h運転を前提として設計されたのも特徴である。JRグループとして初の新形車両ということもあり、登場時は大いに注目を集めた。引用 - Wikipedia
戻る

南福岡車両区783系編成表

cm1

cm1 88.02.26

cm2

cm2 88.03.1

cm3

cm3 88.03.26

cm4

cm4 88.03.26

cm5

cm5 88.02.17

cm11

cm11 88.03.10

cm11-1

cm11

cm12

cm12 88.12.20

cm13

cm13 89.0216

cm13

cm13

cm14

cm14 89.12.22

cm14-1

cm14

cm15

cm15 89.12.07

cm21

cm21 00.02.22

cm22

cm22 00.02.27

cm23

cm23 00.02.27

cm23

cm23

cm24

cm24 00.02.22

cm24-1

cm24

cm25

cm25 01.03.05

cm31

cm31 88.03.10

cm32

cm32 89.02.20

cm33

cm33 89.12.05

cm34

cm34 88.12.07

cm35

cm35 90.12.10

cm35

cm35

戻る
freepikcom-logo


Top