キハ120-img
キハ120 326 三次鉄道部カラー-img
キハ120 310 三江線神楽号

キハ120

新潟鐵工所の地方鉄道向け車両「NDCシリーズ」の第一世代モデルによる16m級軽快気動車で、ワンマン運転にも対応している。新潟鐵工所での製造の他、一部は自社の後藤総合車両所でもライセンス生産された。国鉄から承継されローカル線区で運用されていた一般型気動車のキハ20系・キハ35系・キハ45系や急行型気動車のキハ58系などの老朽化対策や鉄道部に移管された線区の活性化を図るため、山陰東部エリアを除くJR西日本管内の非電化区間ほぼ全域に投入された。基本設計が新しいため省力化や投入線区のスピードアップなどに寄与した反面、キハ120形自体が従来車より小型車体である上に編成両数が削減されたため、着席率の低下や混雑率の上昇を招いた。各社に投入されたNDCシリーズ第一世代モデルが次々に運用を離脱する中、2016年現在も休廃車が発生することなく、製造された89両全車が運用されている。本系列は基本的に「キハ120形」の1形式だが、製造時期により番台区分がなされ、番台ごとに構造上の差異が見られる。引用 - Wikipedia
鉄男の部屋
三江線 Remember
freepikcom-logo


Top