813系-img
813系福北ゆたか線仕様100番台-img"

813系

421系・423系や715系など、国鉄から承継した近郊形電車の取替えを目的として1994年(平成6年)3月から製造されている。九州北部向けの近郊形車両として811系に代わって増備され、811系と併用することを前提としているが、JR九州としては初のVVVFインバータ制御(東芝製GTOサイリスタ素子)が採用されたほか、車両デザインを水戸岡鋭治率いるドーンデザイン研究所が手掛けたため、外観・車内・搭載機器ともに811系から大幅な変更がなされた。水戸岡が近郊型電車のデザインを手掛けたのは本形式が初となる。また、長期にわたって製造されていることから、製造年によって細部が異なっている。登場当初は、811系が4両固定編成であったため編成の自在度を上げることを目的として2両編成であったが、1995年から3両編成が加わり、しばらくこの二種の編成が混在していたが、2003年(平成15年)までに2両編成に中間車を組み込み、全編成が3両編成に統一された。811系、815系、817系との相互連結も可能なため柔軟な運用が組めるのが特徴で、長編成での運転が多い鹿児島本線や日豊本線では811系、817系3000番台と、一時的に長編成が必要な福北ゆたか線(筑豊本線・篠栗線)、長崎本線では817系とそれぞれ併結運転されることも多い。引用 - Wikipedia
戻る
freepikcom-logo


Top