885系-img

787系 

811系電車の走行システムをベースに開発され、各種試験は7両編成(MT比6M1T)で実施された。デザインは水戸岡鋭治主宰のドーンデザイン研究所が手がけており、落ち着いた車内の雰囲気や、「つばめレディ」と呼ばれる客室乗務員による接客や、ビュフェでの軽食の提供など、名列車にふさわしいサービスに対応していた。1992年から2002年(平成14年)までの間に、日立製作所および近畿車輛で計140両が製造され、JR発足後に登場した特急形車両として初めて製造両数が100両を越えた。1992年(平成4年)7月15日から営業運転を開始。1993年(平成5年)、第36回鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞し、経済産業省(当時の通商産業省)グッドデザイン商品(現・産業デザイン振興会所管「グッドデザイン賞」)商品デザイン部門選定。1994年(平成6年)、第5回ブルネル賞を受賞。1994年「鉄道の日」制定を記念したプレイベントとして、「新旧つばめの出合うとき」が東日本旅客鉄道(JR東日本)大宮工場(現・大宮総合車両センター)で開催され、梅小路蒸気機関車館のC62形蒸気機関車2号機、JR東日本高崎運転所(現・高崎車両センター高崎支所)のEF55形電気機関車1号機とともに展示されたことがある。引用 - Wikipedia
戻る
freepikcom-logo


Top