415系-img
415系1500番台-img

415系

日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した交直流両用近郊形電車。国鉄分割民営化時には東日本旅客鉄道(JR東日本)と九州旅客鉄道(JR九州)に継承されたほか、民営化後にJR東日本が製造発注ならびに西日本旅客鉄道(JR西日本)が113系から改造・編入した車両が存在する。1971年(昭和46年)から製造が開始された。主変圧器が商用周波数50/60Hz両用となったTM14形を搭載する三電源対応形で交流50Hz用401・403系交流60Hz用421・423系を統一したグループである。0・300/100・200/500・600/700/800/1500・1600・1700・1900の番台区分がある。同社唯一の交直両用近郊形電車であり、関門トンネルを通過し、直流電化されている山陽本線へ直通する運用のほか、九州島内では鹿児島本線・日豊本線(小倉 - 佐伯・都城 - 鹿児島中央)・佐世保線・長崎本線の列車に充当される。引用 - Wikipedia
戻る
freepikcom-logo


Top