#1

みなさん、おはようございます!
記念すべきスタートはやはり九州の鉄道の発祥の地門司港駅にやってきました。そしてここは入線する列車がまるでNゲージの様に見下ろせる私のお気に入りの場所です。現在では本州との鉄道の入り口は門司駅となっていますが、かっては下関からの連絡船がここ門司港に寄港していましたので、ここから九州各地に線路が伸びていた起点の駅であり、九州鉄道の原点でした。そして今ではでは門司港レトロ地区の入り口としてとして北九州の観光地となっております。
正面の覆われた門司港駅は開業当時のまま使用されてきたので大変趣のある建物でしたが、老朽化がひどく登録文化遺産として保存するために現在は改修工事中となっています。
そんな今回はここ門司港駅から鹿児島本線を下り黒崎駅までを旅します。

これが現在工事中の門司港駅です。完全に覆われていてレトロ雰囲気もありませんが、見学路があり中を見る事ができ矢印の部分が以前の同じ箇所です。夜景は特に一見の価値がありましたのではやく復元される事を願います。

さて、ここに来た理由はもう一つあります。それはここ九州の鉄道の歴史が一目でわかる施設があるからです。九州鉄道記念館 ここは九州の鉄道の歴史がわかるだけでなく貴重な資料や実物の車両も展示されているのです。
特に鉄道萌ポイントは実際に使用していたヘッドマークやSLのナンバープレートでしょう。昔見ていたあの特急やSLを鮮明に思い出すことができます。また実際の画像を使用した運転シュミレーターはお勧めでしょう。もちろんあの元祖鉄道アイドル木村裕子さんもお出でになっていますよ。

屋外には九州各地を走ってきた機関車や列車が展示されています。それぞれ鉄ちゃんならば見応えがありますが、ここでも96的鉄萌ポイントを紹介します。
まずはC59蒸気機関車。状態は素晴らしいの一言に尽きます。他の保存SLなどは防錆対策で無意味に塗装されていますがこちらは本物の輝きです。必要な所はちゃんとオイルが散布されて今にも動き出しそうで、実際で58645が復活した時にも候補の1台となってました。
次はボンネット特急クハ418です。その後貫通扉が主役になるのでデザイン的にもJNRの面影があって萌なのですが、中には更に萌ポイントがありました。それは新品同様な室内装備もそうですが、あの特急の‟におい‟がしたのです!!!おそらく消毒や消臭剤のにおいなのでしょうが、子供ながら特急に乗った時の想いでのひとつなのです。さすが整備を担当する小倉工場の技術の高さを感じました。
そして味と言えばこのキハ07の内装でしょう。おそらくニスを何度も何度も重ね塗りしたのでしょうが、月日と共に乾燥でひびが入っています。なんと歴史を感じるのでしょうか。こんな車両が残っていた事すごいですね。

臨時列車! こなつCが行く

門司港にはこんな面影を残す所もあるのだニャー

あっという間に2時間近く記念館に滞在しましたが、ここから813系に乗って小倉を目指します。遠くに見える関門橋を後ろに、右手には関門海峡にしながら列車は出発します。

そんな門司港駅でしたが、ここで鉄道発見伝クイズ!

96-クイズ-icon

鉄道発見伝クイズ

Q : こちらの駅は普通の駅の駅員さんとちょっと違う点があります。さてそれは何でしょうか?

答えはこちら

A : レトロ雰囲気を盛り上げる為に、駅員さんは大正時代の開業当時の姿をしてます。更にアジアからの観光客の為に中国語も喋れる方もおられました。ご苦労様です。

その前に門司駅で途中下車します。まずは腹ごしらえでホームのかしわうどんを頂きままよ。北九州の駅弁といえばかしわめしですが、その甘く炊いたかしわをうどんの具としたものです。以前は小倉駅や黒崎駅にもありましたが、ホームに残っているのは門司駅くらいになりました。朝早い旅立ちの際には味わった懐かしい味です。
そして撮り鉄ポイントとしては関門トンネルは抑えていくポイントのひとつです。九州の代表的近郊電車の415系が関門トンネルから出てきました。この電車にのって小倉駅に行って酒場放浪します。

小倉駅から徒歩3分、しかもAM10:00から営業中。関東ではおなじみにホッピーですが、ここ九州では知らない人も多い。しかもあてはモツ煮。おすすめはモモ肉のももたろう揚げ300円なり。昼から飲めてかなりリーズナブル。旦過市場にはおでんと角打ちのお店もあります。

庶民の味方 ももたろう
福岡県北九州市小倉北区魚町1-6-5
営業時間 10:00~24:00

いやぁー、
鉄旅は飲めるからうれしいですね。

今回は門司港駅で歴史と門司駅で懐かしい味を堪能しましたが、ちょっと昔の鉄っちゃん時代を思い出し、同時に新しい鉄道の魅力も感じました。
…っという訳で、ほろ酔い気分で帰ります。それではまたどこかの鉄旅で会いましょう。

home


Top